大型免許でどんなバイクも運転できます

大型免許

車体の大きなバイクに憧れを持っているものの、バイクについての知識に乏しくただ眺めているだけといった方は、是非免許をとって自分で大型バイクを乗り回す爽快さを体験してもらいたいです。自動車と違って走行中に風を直接感じられるだけでなく、大型バイクならではのエンジン音などを堪能しながらのドライブは、実際に体験してみるまでその良さが分かりにくいからです。

海外メーカーの大型バイクは日本の大型免許さえあれば基本的には無条件で運転できるようになっています。もしも何か特別な資格がなければ外国産バイクの走行が出来ないのではないかなどといった不安を抱えていらっしゃる方が居るようなら、その心配は無用だと言えるため是非ご記憶ください。

もちろん高品質で故障率が抜群に低く、維持費や燃料費があまりかからないといったメリットのある世界に誇れる日本の大型バイクも当然自由に乗れます。バイクは外国産だけでなく日本産の物もかなり優れていますので国産バイクも購入候補に含めておくといいでしょう。

万が一に備えて保険加入

バイク

大型バイクや原付などを走行する際には、万が一の転倒や事故といった危険に備えてヘルメットの着用が義務付けられています。ただ正直なところヘルメットをつけたところで事故時に大怪我を避けるのは難しいので、任意の保険に個人の判断で加入しておくことが望ましいと言えるでしょう。

日本には数多くの保険会社があり、外資系の会社も含めると本当に多くの選択肢の中から気に入った会社に加入できるようになっています。会社の数が多いため、一社で加入を断られてしまっても違う会社が受け入れてくれることも珍しくありません。簡単に言ってしまえば余程の事故歴や身体的な問題などを抱えてない限り、日本で大型バイクでの事故時の補償を受けるのは容易なのです。

大型バイクの場合月払いでも一括払いでも原付など小型のバイクに比べると若干料金が高くなっていますが、その分補償内容とロードサービスが充実している可能性が極めて高いので安心して加入を検討してみてください。

ガスケットの交換方法

ガスケット

ガスケットは、エンジンと排気パイプの間に付けられる部品です。これは、エンジンから出る排気ガスを外部に漏らさないようにする役割を果たしている部品です。バイクは金属部品を多用しているので、接合部にはどうしても隙間が生じてしまいます。これをふさぐ役割を果たしているわけです。この部品は経年劣化をする部品であるため、敵域的に交換する必要があります。

日本の大型バイクのガスケットを交換する方法としては二つあります。一つが、自分で部品を購入して交換する方法で、もう一つがバイクショップで交換をしてもらうという方法です。当然ですが、自分でやる場合の方が工賃がかからない分安く交換することができます。この交換は比較的簡単ですので、コストを抑えたいのであれば自分でやると良いでしょう。ただし、取り付けが甘いと危ないので、もし自分大型バイクに取り付けておかしいと感じたのあれば、バイクショップに行ってみてもらうようにしましょう。

世界ブランドのバイクはハーレー

低価格で性能が高く壊れにくい日本のバイクとは正反対の魅力があるハーレー。

ハーレー

ハーレーは燃費が悪く壊れやすい大型バイクです。しかも、販売価格はモデルによって大きく違いますが、倍ぐらいの価格になります。カスタムパーツの価格も高く、車検費用も高額です。

そんなハーレーですが、世界中のバイカーが憧れています。まず、デザイン性の高さが憧れの理由でしょう。他にはない、アメリカンなデザインは多くのバイカーを魅了しています。また、自分好みにカスタムしていく楽しみがあります。

1番の魅力は、ハーレー独特のマフラー音です。低音を響かせて走るハーレーは、街中で注目を集めます。高額なだけに、ハーレーオーナーには、特別なステータスがあります。

ハーレーのモデル別に詳しく書かれたページは下記になります。
http://www.smithbutcherandgrillroom.com/

ハーレーに興味があるようでしたら、スポーティーなモデルからツーリング向きのモデル、スタンダードなモデルなど、わかりやすく書いてあったのでオススメです。一度、読んでみてください。読んだら、ハーレーの魅力が理解できます。