日本で人気の大型バイクのタイプは

バイクのタイプ

大型バイクというのは日本ではエンジン排気量が750cc以上のものを指します。大型バイクのメリットは余裕のあるパワーで加速性能が抜群で自重もあり安定した走行が可能です。

日本における大型バイクの人気のタイプとしてはロードスポーツで、ホンダのCBR1000RR、VFR800FやヤマハのYZF-R1、FZ1やカワサキのNinjaH2、スズキのHAYABUSA、GSX-S1000Fなどは世界的にみても人気があります。

またネイキッドと称される外装の少ない車種も人気で各社から販売されています。

一方で大型になると操作の取扱が難しくなりますし、ストップ&ゴーを繰り返す走行では負担になります。このため長距離走行に向いているのが座席が低く設定されているいわゆるアメリカンタイプです。ただアメリカンといえば大型バイクではハーレーなどに強みがあり日本車はやや劣勢です。またミッションの操作が不要な大型スクーターも人気があります。

日本が世界に誇る空冷大型バイク

空冷大型バイク

大型バイクの代名詞と言えば、世界中のライダーが憧れる「ハーレーダビッドソン」があります。世界中で見てもハーレーの人気は非常に高く、日本でも多くのライダーが憧れる最終地点として考えるほどです。しかし、大型バイクとして高く評価されるバイクは国産でもたくさんあります。

「国産空冷で大型のバイク」というと、代表的なものは「CBシリーズ」などがあります。現代的な構造で言えば「油冷」ですが、油冷や水冷にはない魅力があります。油冷や水冷のエンジンは、「のっぺりとした表面構造」になっています。

バフ掛けをした表面は非常にきれいに見えますが、水冷エンジンは表面構造がデコボコしています。「フィン」と呼ばれる存在が熱を放出する役割を担っているわけですが、この構造は独特なものであって「味」を醸し出す要因として評価されています。また、国産バイクは性能面でも非常に高い水準二あるため、どのような環境で乗っていても注目の的になりやすいです。