日本の大型バイクの主要な吸排気は

吸排気

大型バイクと言えば、ハーレー・ダビッドソン等の外国メーカーのバイクを思い浮かべる人が多いでしょうが、日本のメーカーも数多くの大型バイクの販売を行っており、国内外を問わず、ライダーから高い支持を受けています。

一般的に大型バイクと呼ばれるバイクは排気量が400ccを超えるバイクのことをいい、日本でもホンダやヤマハ、カワサキやスズキといった大手二輪メーカーが400cc超えの排気量のバイクの販売を行っているのですが、特に日本のバイクの場合、海外製のバイクと比較して吸排気のつくりに定評があります。

主に吸排気はエンジンの下に取り付けられており、バイクのデザインや走行中の静寂性などに大きな影響を及ぼすのですが、国内メーカーのそれは国外メーカーのそれと比べて、美しさと精度が非常に高いということで、世界中で賞賛されているのです。

またこれらのカスタムパーツについても、精度と美しさを兼ね備えたものが多く流通しているので、手軽にカスタムが出来るという嬉しさもあります。