日本国内で走行している大型バイクのマフラーは良い

マフラー

日本国内で使用されている大型バイクを製造販売しているバイクメーカーが採用しているマフラーには特徴があります。

大型バイクといえば爆音を立てて走る印象がありますが、日本国内に関して言えば国土交通省が政令などで定めた保安基準があるので、バイクディーラーがきちんと製造販売しているバイクだと基本的にはかなり静かです。バイク好きの中でも爆音で知られているハーレーなどもこの基準は守っているので、地域住民などとの騒音問題に発展する事はありませんし、逆にバイクが醸し出す美しい重低音に惹かれる人もたくさんいます。

デザインですが、バイク本体と連動してデザインされているので、見た目も非常に美しいですし、肌触りもかなり良いです。

マフラーは排気ガスなどを排出するためのパーツで、環境を汚さないように考えられています。そのため最新の大型バイクを利用していると排気ガスの排出は昔のタイプの大型バイクと比べると少ない傾向があります。