オフロードを走る大型バイクも、日本車なら快適

オフロード

日本でのオフロードは場所が限られますが、どんなでこぼこ道でも走ることができるので、バイクが通れる場所ならどこでも走れるのが魅力です。荒地を走る機会も多いため、大型バイクになると、ライダーにバイクを乗りこなすだけの力が必要になります。

装備が多ければ、それだけバイクの重量も重くなりますし、乗りこなすには、知識や経験はもとより、やはり力強さが重要です。日本でも、ダブルクラッチシステム搭載で長距離に強いバイクや、オフロード走行に最適な装備が組み込まれている、モードが選択できるといった大型バイクも出ています。

大型と言っても、日本人使用にしてあり乗るのには苦労しません。また快適面で優れたバイクもあり、メーターの画面が大きめに作られていたり、より見えやすい工夫がされており、長時間の運転でも疲れないように設計されています。

ハンドルの操作性や、安定した走りをするため考えられているので、選ばれるバイクとして今後にも期待がもてます。