大型バイクは日本のシート高が低いマシンがおすすめ

シート

日本の大型バイクは日本人の体型に合わせて作られているので、シート高は低めになっています。海外のマシンと比べて足つき性がよく、身長170cm未満の方でも問題なく乗れます。もちろん身長が高いほうが有利ですが、低くてもテクニックでカバーできるはずです。身長160cm未満の女性がハーレーに乗っているケースはめずらしくなく、自分が乗れると判断すればどんな大型バイクでも乗れるのです。

アメリカンは特にシート高が低く設定されているので、ネイキッドやツアラーと比べて乗りやすくなっています。車重が重たいバイクほど足つき性を重視する必要があるので、十分に試乗してから購入を決めるのがよいでしょう。座っているときにお尻をずらして、片足がべったり接地すれば何ら問題はありません。片足がつま先たちになってしまう場合は、停車時にバランスを崩しやすいので注意が必要です。試乗をするときは街中でゴー&ストップを繰り返して、問題なく乗れそうか確認してください。