日本における大型バイク・トライアンフについて

トライアンフ

日本ではたくさんの大型バイクが登録されていますが、大型バイクメーカーの中でも人気を集めるのがトライアンフです。トライアンフはイギリスのバイクメーカーで、1885年に設立した輸入貿易会社「ジークフリード・ベットマン貿易会社」が会社の原型とされ、その後、幾多の変遷を経て、現在のバイク製造メーカーとなりました。会社名は英語で「勝利」を意味します。1907年ごろにマン島TTレースに出場し、幾度も完走するなど、高品質でありながら安価というコストパフォーマンスの良いバイクという高評価を得ていました。

もともとはバイクだけでなく、自動車も作っていましたが、1929年の世界恐慌などにより会社の経営が悪化したため、バイク部門だけが独立する事となりました。

大型バイクといってもタイプはさまざまでオンロードタイプのアーバンスポーツ、モダンクラシック、アメリカンタイプのクルーザーなどが販売されています。

日本では正規販売店がありますので、気になる方はお店に連絡をとってみましょう。